そうてんの趣味日和

Welcome to my blog

マランツ HD-AMP1

自分で買っといてなんですが、

コレ、とても良い品だと思います(喜)


IMG_6069.jpg




そんな訳で先日、自宅用サブ機として新規導入した

マランツ HD-AMP1

初期エージングも済んで音も落ち着きましたので一度紹介してみようかと思います。

トップの画像は正面画像、
大きなノブはセレクターとボリュームですが、さわり心地、回し心地、いずれも良好です。

操作は電源ON/OFF、設定含め、すべてリモコンで可能なため管理人の場合ですと直接触れる機会はほとんどないのですが、それでもこの辺りの感覚がよいと印象は良いですね~。

さてHD-AMP1、
ケーブル関係ですが、SACDプレーヤーとはアナログ入力でケーブルはワサッチULTAMA、テレビとの接続はTOSでもともと使用しているオーディオクエストです。
SPケーブルはケーズラボのバナナを使用したうえでメインのヨルマデザインUNITYを、電源ケーブルはBMCでプリに使っているAET Evidenceとパワーアンプに使っているステルス ドリームパワーがありますが、管理人の重視する音場の広さは明らかにステルスの勝利でしたので、ドリームパワーを使用しています。
セッティングですがBMCでもプリに使っているラックスマンの古いオーディオボードを使用し、インシュレーターの類は使用せずという状況にしています。

さて、とりあえず音の評価ですが、

音場型、定位も良い、音の方向は柔らかで綺麗め

というところですね。

実際問題、

想像以上に音良くて驚きました(笑)

一聴してわかる高域の綺麗さはマランツらしいですが、このアンプについていうと中低域も綺麗な印象、
管理人のいうところの綺麗には潤いが必須なのですが、フルデジタルのアンプにありがちなカラッとした印象はなく、潤いはありつつも反応がよく、エッジの立ちっぷりは控えめで聴きやすいと感じます。

このアンプはフルデジタルというわけではなく、いうなればアナログプリ+デジタルパワーとでもいうべき構成のアンプですので、一般的なデジタルアンプに比べるとアナログ寄りに聞こえるのかもしれません。

その恩恵を大きく受けるのがテレビから回している音声で、ビジュアル系の音がやたらと聞きやすい。
BMCも音がきついアンプではないのですが、映画やゲームやアニメなどはいざ知らず、普通のテレビ番組の音声などを鳴らすのは苦手です。
ただ、HD-AMP1だと一般の番組も普通に聞ける程度にはなり、

エージングがはかどりました(笑)


IMG_6067.jpg


このアンプはトーンコントロール機能がついているのですが、当ブログ管理人がトーンコントロール機能を使うことはありませんので基本的にはソースダイレクトポジションでの使用になります。

SACDプレーヤーのアナログ入力、TOSのデジタル入力、いずれも音の傾向に変わりはありません。
管理人はデジタルパワーをもつアンプを自宅に持ち込んだのは初めてなのですが、全領域において反応がよく、音のもたつきが少ないというのは一般的なデジタルアンプのメリット通りで、HB-1の性格とも合っているのか結構に良い音がします。

ただ、流石に一定ラインを越えたアナログアンプが出せる、音の圧力とでもいうべき感覚は薄めでそのあたりもう一押し欲しい感覚はあるのですが、これはデジタルアンプがどうというより、オーディオ機器としてのクラスの問題でしょうね~

ただ、管理人の個人的感覚では10万円クラスのアンプとしてHD-AMP1はそのあたりかなり頑張っていますし、情報量の少なさを音の軽さでごまかしているような雰囲気もなく、音の好き嫌いはあると思いますが定価(そして買値w)を考えれば出色の出来だと思いました。


IMG_6068.jpg


HD-AMP1はMarantz Musical Digital Filteringというデジタルフィルターで音質を変えることが出来ます。
方向性としてはFilter1がシャープ、Filter2がマイルドという雰囲気ですが、管理人の感覚ではHD-AMP1のもともとの音がマイルド目なため、Filter1のほうが嗜好に合うようでした。

さて、総評の前に気になる人もいるであろうHD-AMP1についてのネガティブな情報について管理人宅での結果を報告しておきたいと思います。

1.ボリューム不良
HD-AMP1の初期製品にリモコンでボリューム操作した際、異常反応が出たそうですが、2016年製の管理人宅では見られませんでした。
2.ホワイトノイズ問題
特にソースダイレクトオフ時にホワイトノイズが大きく聞こえるという話があるそうですが、管理人宅ではソースダイレクトON/OFFに関わらず普通のボリューム域でノイズはありません。
ボリューム最大の状態でも通常のアンプを越えるようなサー音はありませんでした。


ただ2.については少し思い当たるところがあります。
というのも、HD-AMP1、

電源の質にかなり敏感です

家電製品の中でいわゆる“ヒーター”の類が音に与える悪影響はかなり大きいと個人的に思っており、管理人宅においてもコタツや電気毛布は猛烈に音に悪影響を与えるアイテムです。
必要なものについては仕方ないとあきらめもするのですが、そのような理由から管理人宅においてウォッシュレットは便座、温水、ともにカットされています(苦笑)

HD-AMP1導入1週間の間に、諸般の事情によりウォッシュレットの温水機能をオンにする必要性が発生したのですが、

かなり音が悪化しました(泣)

出力段がデジタルということで、HD-AMP1の消費電力はオーディオ前段機器と変わりないくらいなのですが、低い消費電力がアダになるのか、アナログアンプ以上に電源の質に気を使わないとマズいと言う結論を得ました。

コレは想像なのですが、設置環境の電源状況によってノイズが目立つようになる可能性は十分にあり得ると思います。
ビジュアル環境併存、wi-fiありな管理人宅においてノイズ発生がほぼないのですから、一般的な住環境でノイズ発生は考えにくいと思いますし、店舗でノイズが聞こえてもあまり気にしなくていいのではないでしょうか。

そんな訳で総評です。

今回、サブ機導入にあたってコンパクトなプリメインアンプの音を色々聞きましたが、コンパクトというカテゴリーで見たとき、もっともアナログアンプに近い音をしているのはHD-AMP1でした。
カテゴリー内ではサイズも大き目ですが、その分物量が投入されており、接続、セッティングなどに重要な端子類の追及については他の追随を許さず、それが音にも反映されています。
筐体の造りは十分、リモコンによる操作も容易で、デスクトップ使用、リモコンでの使用、いずれも満足感を持って使うことが出来ると思います。
音の傾向は柔らかく綺麗目、音場感は広く、単純に音だけ見ても同価格帯のフルサイズ機、嗜好によってはより高価格帯の製品とも勝負ができると思います。

初期不良やネットに出ているネガティブ情報は家庭内で使用する分にはあまり気にしないでよさそう。
ただ、中古での購入と電源環境には気を付けたほうがいいと思います。

、てなところです。

実際、価格を考えれば十二分な品と判断していますので、個人的に不満はほとんどありません。
正直、この音で大きく不満が出るのなら

相当なオーディオの泥沼に踏み出す覚悟が必要かと思います(笑)

無理やり不満点を挙げるのなら、筐体下面のねじ頭と電源インレットのアースピンが抜かれていることくらいですね。
割と勢いに近い形で購入した品ではありますが、想像以上にいい結果で満足です。

サブ機として末永く使用できることを祈りつつ、
そして、

これでやっとNコンの録画を見られることを喜びつつ

本日はここまで。




Comments 6

さくら  

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒https://goo.gl/J4i7FY
でブログをやっているさくらといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^

2017/10/30 (Mon) 15:57 | EDIT | REPLY |   
大聖  

大聖です。

電源の質の確保、これからの季節中々難しいですよね。
ウチでもサブシステムの方に繋げているアイソレーショントランスのうなりが顕著にでてきました。
まぁ、電気毛布を切れば随分マシになるのですが・・・季節的にどうしても・・・。

ウチのシステムですが、未だにLINNのDSを旅に出したままなので、
OPPO105JPに頑張ってもらっているのですが、割と悪くないです。
電源ケーブルとかラインケーブル等もそれなりのものを使っているので、
総合的に底上げしているというのもありますけれども、
エントリークラスの機器も馬鹿にできませんよね。

話は変わりますが、先日SPEC RSA-F1のヒューズを飛ばしてしまったのですが、
折角なので、一時期話題になったISOCLEAN POWERのヒューズを付けてみました。
思った以上に音が良くなり、もっと早くやれば良かったと後悔しました。
もっとも電気が通るのですから、変わらない分けがないのですよね。


2017/10/31 (Tue) 11:17 | EDIT | REPLY |   
そうてん  

さくらさん

当ブログはリンクフリーですのでご自由にどうぞ~

2017/10/31 (Tue) 12:44 | EDIT | REPLY |   
そうてん  

大聖さん

HD-AMP1もドーピングの極みみたいな状況ですが、使いこなし力とでもいいますか、そういったものがエントリークラスの機器を使っていた当時とだいぶ異なってきているので出せる結果も違ってきているのでしょうね~

電気毛布は管理人宅ではムートンシーツの導入で使わなくてもよくなったのですがコタツは決してなくせませんので(苦笑)

ヒューズ結構変わりますよね、以前クライオやフルテック、アイソクリーンは使ったことがあります。
割とがっつり変わってしまうため、最終的に純正に接点改善剤使用に落ち着きました。
オープンには語れませんが意外ともあれプラチナが効いたとか効かなかったとか、、、、、

2017/10/31 (Tue) 12:50 | EDIT | REPLY |   
大聖  

そうてんさん

もあれプラチナ、きれいに磨いた上で、ガッツリ塗っていますよ~。

そうそう、最近オーグラインターミネーター素子を使って電源ケーブルを作ってみたのですが、
ちょっと取扱いが難しいです。
手持ちの適当なプラグを使った為か、あまり音がよくありません。
しばらくは録画サーバーでエージングしてみますが、はてさてどうなるか・・・。
まぁ、ダメならばプラグを交換してもう一度トライですかね。

2017/10/31 (Tue) 14:10 | EDIT | REPLY |   
そうてん  

大聖さん

オーグラインの製品は色々な意味で間違いがない品ですし、管理人も常に気にしています。
そのうち電源ケーブルの中古が出たら導入しようと思ってはいるのですが、程よい長さが出ない、、、、

良い結果が出ることを期待しています。

2017/11/01 (Wed) 15:58 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
そうてん77が趣味と生活についてたらたらと書き募るブログです。
About me
楽しみのためになら努力はいといません。
ただ全力で脇道にそれます、迷子になるのも楽しいです。

そんな趣味のひとの備忘録です

当ブログはリンクフリーですので
ご希望の方はご自由にリンクください