そうてんの趣味日和

Welcome to my blog

iPurifier AC

冷静に考えると、

この手の品購入するの久しぶりかもしれません(笑)


IMG_6363.jpg




そんな訳で久しぶりに並列接続タイプの電源アクセサリーを購入しました。
モノは

ifi audio iPurifier AC

ifi audioはイギリスのオーディオメーカーAMRのブランドで、PCオーディオやヘッドフォン向けの製品を多く出しています。
同社独自のノイズフィルター類はDC電源やUSBなどマイナーな分野に広がっており、DC電源用のフィルターについては当ブログ管理人も興味を持っていました。

iPurifier ACは昨年末に新しく登場したAC電源用のアクセサリーで、並列型として使用しますが動作としてはパッシブではなくアクティブタイプとのことでした。

最近はそれほどでもないのですが、以前はこの手のアクセサリーは管理人の大好物で、世にある品の一通りは試すくらいの勢いでしたが、確かに効果はあるジャンルではあれど、オーディオアクセサリーの常としていずれも使いすぎると悪影響があり、あまりおいしい話ばかりではないということを知り、ついでに近年紹介される製品の価格帯が明らかに高いため、お試しするには微妙ということもあり、アイテックの電源フレッシャーを最後に購入はしていませんでした。

ただ、今回導入した製品は見た目が悪くないうえに値段がそれなりで、電源の極性チェックが出来たり、サージフィルターとして働いてくれたりと多機能、ifi audioに興味もあったため一つお試し程度に購入してみるのもいいかと思い、年末に発注、年明けに届いたという経緯です。

トップの画像は製品外観、
外箱も立派で好感が持てます、参考までに国内の代理店はトップウィングというところでした。


IMG_6365.jpg


並列型の電源アクセサリーとしては珍しく、プラグ部分が3Pになっています。
極性確認する機能があるのに刺し間違いがあっては意味がありませんから当然とも言えますが、この手の品の多くは2Pの端子になっているので少し目を引きました。


IMG_6368.jpg


コチラは現在管理人宅で使用されている並列タイプの電源アクセサリーたち、

オーディオプリズム クワイエットラインⅢ(以降QL)
HWT FOL電源エンハンサー2(以降HWT)
AiTEC Λ5.36電源フレッシャー(以降アイテック)


そして本日の主役ifi audio iPurifier AC(以降 IFI)になります。

現在のオーディオ系の電源周りはこんな感じ、


IMG_6367.jpg


IFIが壁コンセントに刺さってくれればベストだったのですが、オーディオリプラスのコンセントカバーのサイズと干渉してしまい、そこには使えません。
そんな訳で、この状況からフィルター類を取り外し、電源タップの空いたコンセントに各アイテムを使って効果を見ていくところから始めてみました。

それでは順番に比較です。

QL : なしの状況から比べ一聴してわかるくらい音がクリアになる、一つ一つの音のエッジは立つが、どちらかといえば音像よりの表現になり、音場はセンターに寄る

HWT : 音ははっきりクリアになるがQLほどエッジがはっきりするわけではなく聞きやすい、音場の広がりも良好

アイテック : 音がクリアになり、分離も明らかに改善する、ただ、全体的に音の響きが豊かになり、良い意味で音楽的な雰囲気が強まる、ボーカルの浮かび方が良好、ただ唸る(泣)

IFI : 音をクリアにするという意味合いでは最上級の効果、音がセンターに寄る雰囲気はあるがはっきりわかるほどでもない。ボーカルの定位が際立つ。 結構熱を持つ。


IMG_6369.jpg


iPurifier ACは上面のランプの点灯で極性の正誤が確認できるのですが、ランプは両方緑が点灯、とりあえず管理人宅のコンセントで極性が逆になっているものはないようで一安心しました(笑)

次いで、ビジュアル系のコンセントタップ、isotek SIGMASの空きコンセントにそれぞれを差して映像と音声の変化を確認してみました。


QL : 思いのほか効果大、映像、音声ともにクリアになるが少し軽い印象に
HWT : 改善は明らかだが、そぎ落とした感がなく見やすい
アイテック : 音、映像ともにはっきりクリアになるが音には艶が、映像は色のりが良くなり良好
IFI : 映像の改善は随一、音のほうはそれほど大きく変化していない印象

という感じでした。

割とガッツリそぎ落とすQLに比べてHWTはノイズカットとともに軽く表現を強化、アイテックはHWTの効果をさらに強めた印象です。本題のIFIは純粋にノイズのみをカットし、足したり引いたりはあまりしないというような印象を受けました。

さてiPurifier AC、極性確認が手軽にできたり、サージフィルターの機能が有ったりと多機能なうえ、電源アクセサリーとしてもマイナスが少ない印象で、価格面も比較的安価ですのでこの手のジャンルに初めて手を出すのなら良い選択だと思います。

結構な発熱に関してはもう少し経過を見てみたい気持ちもあるのですが、少なくともここしばらくで溶けたりはしていないので取り合えず問題はなさそうですね。
管理人は使わないと思いますが、オプションのケーブルを使えばiPurifier ACを利用してほかの機器のアースを取ることもできるようです。
変に足したり引いたりのない、ノイズ除去効果に優れた電源アクセサリーですのでシステムに導入しやすい品だと思います
特に筐体数が多い、複雑なシステム構成をしている人には強くお勧めできそうですね。

管理人宅においては当面、壁コンセントにアイテック、電源タップにIFI、HWTをシグマスに回してしばらく経過を見ていくことにしています。

久しぶりに購入した製品でしたが、相応の効果があり満足です。
もう一つ、最近導入したアクセサリーについては今後語ることとしつつ、
本日はここまで。




Comments 0

Leave a reply

About this site
そうてん77が趣味と生活についてたらたらと書き募るブログです。
About me
楽しみのためになら努力はいといません。
ただ全力で脇道にそれます、迷子になるのも楽しいです。

そんな趣味のひとの備忘録です

当ブログはリンクフリーですので
ご希望の方はご自由にリンクください