そうてんの趣味日和

Welcome to my blog

菊水 純米大吟醸 越淡麗

久しぶりの日本酒紹介はあろうことか

頂き物です(喜)


IMG_6376.jpg




そんな訳で本日紹介するのは

菊水 純米大吟醸 越淡麗

少し前に知人への贈答品のお返しということで頂きました。

菊水は新潟県新初田市にある菊水酒造株式会社のブランドです。
創業は1881年とのことですが、規模としては大きな蔵で“菊水”のお酒は割と色々な場所で目にしますし製品の種類も豊富です。
当ブログ管理人もあちこちで飲んだことがある蔵なのですが、今回の品については初めてだと思います。

トップの画像は瓶の外観、調べてみると年に一度の限定販売の品のようで、あまり目にしたことのない形をしていました。


IMG_6378.jpg


裏書はこんな感じ、
商品名にもなっている“越淡麗”は山田錦と五百万石を掛け合わせた新しい酒米とのこと、それ以外の情報量は普通程度でした。

実際の見た目はこんな感じ、


IMG_6377.jpg


色味は無色透明と言っていいレベルだと思います。
外から感じる香りは落ち着いた広がり方ながらはっきりと果実を思わせるものでした。

さて、実飲の感想です。

水の如しって、きっとこういうことよね(喜)

アルコール度数は15度と決して低くないのですが、少し驚くくらい口当たりが柔らかくまろやかです。
一瞬で感じるような強い味や香りは全くと言っていいほどなく、柔らかく膨らみ穏やかに消えていく風味は特徴のないことの凄さを感じさせるというか、日本酒の世界でいうところの“淡麗”というありふれた言葉の意味を再定義させるような体験でした。

きついところのない、とても良く出来たお酒ですので食べ物との取り合わせについてはどんなものとでも合うでしょう。
ただ、この特別な味を堪能するために、あっさりしたものと組み合わせて楽しんでほしいと思うのは管理人の贅沢なのかもしれませんね~

限定品、かつ販売店限定のお酒のようですので、容易に手に入るかと言われれば微妙なところがあるかと思いますが、日本酒好きの歴史が長い方には一度体験してみてほしい品だと思います。

良い体験ができたことを貰った人に感謝しつつ、
本日はここまで。






Comments 2

しっぽ  
甘い誘惑

私は家飲みはしないのですが、最近のお酒は容器にも拘りがあって部屋に並べたくなりますね。
ちっちゃい瓶のを買ってみようかな~
さうてんさんは何日くらいで飲んじゃいますか?
私の場合、沢山は飲めないので風味が損なわれないうちに飲み切れるかが問題です。

飲むお酒ではないのですが、今のシーズンはお酒を使ったチョコがいろいろ売られていておススメです。
バレンタイン用商品なので男性が買い難いですがネット通販という手もありますし(笑)
私は普通に百貨店の特設会場に買い出しに行きます~自分用とお世話になった人(女性)用。
バレンタインて海外では男性から女性にプレゼントするものですから。
ほとんど男性はいませんが、こちらが気にしなければ周りの方たちも気にならないようです~というか皆さん、チョコしか見ていない(爆)

2018/01/31 (Wed) 20:26 | EDIT | REPLY |   
そうてん  

しっぽさん

チョコレートはバレンタインデーの夕方を過ぎると安くなるの(笑)

今は仕事で飲めない日がありますので週2~3というところでしょうか。
ぐい飲みなんかも割と好きなので旅行に行ったときに現地の焼き物でいいのがあれば買ってくるという感じですね~

結果、割と数があります(汗)

2018/02/02 (Fri) 16:21 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
そうてん77が趣味と生活についてたらたらと書き募るブログです。
About me
楽しみのためになら努力はいといません。
ただ全力で脇道にそれます、迷子になるのも楽しいです。

そんな趣味のひとの備忘録です

当ブログはリンクフリーですので
ご希望の方はご自由にリンクください