そうてんの趣味日和

Welcome to my blog

Λ8.24 The Professional

初めてΛ8.24シリーズの製品を知ったとき、当ブログ管理人はこう思いました。

これはケーブルインシュレーター向きだね


IMG_6379.jpg




結果、試すことすらできませんでした(汗)

そんな訳でオーディオ向けインシュレーターを新規導入しました。
本日紹介するブツは

AiTEC Λ8.24 The Professional

トップの画像は製品外箱、余談ですがこのメーカーの製品、箱が綺麗です(笑)

AiTEC(以降アイテック)は長野県諏訪市に本社がある日本の音響関連メーカーでアイテックというブランドでオーディオアクセサリーを出しています。
同ブランド初のオーディオアクセサリーが世に出てからもう6~7年は経っていると思うのですが、割りとじっくり製品を世に出す
会社のようで、現時点で世に出した製品はルームフレッシャーと言われる室内音響改善アイテムΛ3.16 シリーズ、電源フレッシャーと呼ばれる並列型の電源フィルターΛ5.3シリーズ、接点改善剤のΛ1.2に今回紹介するインシュレーター、Λ8.24 シリーズの4種類です。

価格帯もそこそこするものが多く、人によってはオカルト感を感じる可能性すらある製品もあるのですが、その効果は確かなようでハイエンドな人々の中でもよい声を聴きます。
当ブログ管理人はといえば、今回の製品を合わせれば4種中3種持っている情況ですので、こそっとヘビーユーザーなのかもしれませんね~

今回導入したΛ8.24 The Professionalというインシュレーター同社の最も新しい製品になります。
この製品の前にΛ8.24 for Digitalという製品が2016年に発売されたのですが、そのインシュレーターは振動対策のみならず“静電対策”をうたい文句にしていました。

青色の樹脂の天面にシリコンの半球が付いたその製品を始めて見たとき、上でも書いた通り、

ケーブルインシュレーターとしてよさそう

と思いました。

オーディオ機器も帯磁しますが、管理人の中でケーブル類の帯磁のほうが悪い印象があり、形状的に安定してケーブルを支えられそうなことと静電対策とやらに効果が出るのならケーブルインシュレーターとして有望ではないかと考えたわけです。

ただ、当時は別にインシュレーターに困っていませんでしたので特に導入することなく見ていたのですが、上位機種となるインシュレーター、Λ8.24 The Professionalが昨年発売され、耳に聞こえる評判も良く、同社ルームフレッシャーの働きもあるとのことで、モノは試しと購入してみることにしました。


IMG_6380.jpg


コチラは製品外観、
樹脂感の強い色味といい、重量感といい残念ながらぱっと見はずいぶんとチープな印象です。
ただ、近くに寄ってみると削り出しで作られた製品であるのは見て取れますし、写真で見るほど安っぽくはありませんでした。

さて、当ブログ管理人はこの製品を当然のようにケーブルインシュレーターとして使用すべく購入しました。
ですが、せっかく久しぶりに購入した新しい製品、せっかくですからメーカーの勧めるデジタル機器に使って試してみようと思い、


IMG_6381.jpg


SACDプレーヤーに挟んでみました。

そして外せなくなりました(汗)

いや、コレ、効きますよ。
メーカーの説明では設置一時間後くらいからがベストとのことだったのですが、設置してすぐに試聴した段階で思い切り音場が、特に上方向に広がりました。
当ブログ管理人は音場至上主義者で広い音場を求め、それが叶うなら音が薄くても構わないくらいの人ですので、言うまでもなくこの結果は管理人にとってとても好ましいものです。

音場の拡大があまりに激しかったため、知覚が遅れてしまったのですが、音もクリアになり、定位も明らかに改善しています

管理人が恐ろしいと思うのはこれほど露骨な改善を見せた比較の対象が純正足とかではなく、


IMG_6382.jpg


フィニッテエレメンテのインシュレーターなんですよ、、、、、、

セラベースの名誉のために言いますが、セラベースのシリーズはとても優秀なインシュレーターです。

縁の下の力持ちに思えるインシュレーターですが、音に与える影響は大きく、機器に合えば素晴らしい結果を得られる反面、機器によっては完全に受け付けないようなこともあり、比較的安価なインシュレーターとハイエンド機器にその傾向が多くあります。
セラベースシリーズはある程度以上のランクの製品に使っても多くの場合、悪影響なく機器の自力を上げられるとても優れた製品で、管理人もその効果は信用しています。

なのに一聴で戻したくなくなる差が出てしまいました(泣)

メーカーがデジタル機器への使用を推奨している、デジタル向けのインシュレーターだからなのかはわかりませんがこの効果、、、、まさかセラベースが結果で押しのけられる日が来ようとは思ってもみませんでした。

興奮が一段落し、落ち着いた状況で改めて音を聞いてみますが、管理人にとって福音といえるような効果をもたらしたことは間違いありません。
ただ、効果の方向性としては音場系の製品で、音場は大きく広がりますが、音像がやや奥に行く印象はありますね。

この辺りは好みというか求めている部分の問題になりますので、音が強く前に出る音像系愛好の方には合わないかもしれません。

しかし、管理人にとってはコレ、すごい良い品です、
趣味のポリシーとしてアクセサリー類をあまり同一メーカーでまとめたくないのですが、アイテックのインシュレーターに関しては

もう一つくらい買ってしまうかもしれません(苦笑)

その時こそはケーブルインシュレーターに、、、
そんなことを考えつつ、本日はここまで。



Comments 0

Leave a reply

About this site
そうてん77が趣味と生活についてたらたらと書き募るブログです。
About me
楽しみのためになら努力はいといません。
ただ全力で脇道にそれます、迷子になるのも楽しいです。

そんな趣味のひとの備忘録です

当ブログはリンクフリーですので
ご希望の方はご自由にリンクください