FC2ブログ

そうてんの趣味日和

Welcome to my blog

サウンドクリエイトにも行ってきた

コチラも初めて行ったお店なのですが、
お店を探して、

銀座でちょっと迷子になりました(笑)


IMG_6424.jpg





そんな訳でどちらかというと東京まで出てきたのはこちらが主な目的でした。
伺ったのは

サウンドクリエイト

1998年に秋葉原にオープンしたお店で2007年に銀座5丁目に移転、現在では5丁目店、Legato、LOUNGEの3つのスペースを持つショップになっているようです。
当ブログ管理人は行ったことのないお店だったのですが、現在の5丁目店が2月でいったん閉店しLegato近くの銀座2丁目に移転オープンするということで移転前セールを行うという記事を目にしました。

同店には管理人がちょっと気になっている品がありましたので、移転前セールの実力を確認すべく、なんとなく足が向かない銀座に足を向けてきました(笑)

トップの画像はサウンドクリエイト5丁目店が入っているビルの案内板、
商業ビルの7階にお店が入っているのですが、この看板を見落として同じ通りを回ることになってしまいました。

そんな訳で、この日管理人が興味を持っていたのはコレ、


IMG_6429.jpg


雑誌なんかで見たことがある人もいるかもしれませんが、デンマークのオーディオメーカー

Aavik U-300

という、

超ハイエンドなプリメインアンプです(笑)


IMG_6428.jpg


ぱっと見、キャップを閉めたプロジェクターにも見えるこちらの機械、2015年のオーディオショウでちょっと気になっていたことを記事にしています (参考記事
ちょっと音を聴いてみたいという気持ちはずっとあったのですが、あまりにもハイエンドな製品のせいか、イベントで姿をみることこそあれ、実際に音を聴いた経験はありませんでした。

そんな中、移転前セールの報告に惹かれて同店HPを眺めていると、U-300の販売実績があるようで、どうやらお店に展示品もあるようでしたので、メールで確認を行い、2年越しにはなりましたが気になっていた製品の音を聴きに行くことになりました。


IMG_6425.jpg


試聴環境はこんな感じ、スピーカーはB&W、アンプはU-300で、プレーヤーはリンのCD12、ケーブル類は純正とリンの製品というざっくりな状態で、管理人がいつも聞くようなCDを鳴らしてもらいました。

これは、、さすがに良く鳴るな~(喜)

D3の世代になってかなり鳴らしやすくなったノーチラスですがそれでもアンプのクオリティで差が出やすいスピーカーであることに変わりはありません。
価格を考えれば当然と言えなくもないのでしょうが、それでもこのサイズのプリメインアンプがあっさりノーチラスを鳴らしている現実には軽い驚きを覚えざるを得ませんでした。

比較的ボリュームを抑えた状況での試聴なのですが、それでもパッと聞いてわかる音場感の広さがまず素晴らしい。
試聴室の空間に余裕が有るというのも大きいと思うのですが、明らかにスピーカー位置を越えて広がる左右の広がりも上下の空間の広さがありました。
もう少しゆっくり聞いてみるとこのアンプの作る音場は奥行き方向にも広くはっきりした音場を作り出していることが聞いて取れます。
大編成オーケストラの楽器の奥行、そしてそれぞれの高さが聞き取れるかのような音場は部屋の広さを差し引いてもなお、このアンプの実力を感じさせられました。

アンプのデザインはシンプルそのもの、前面中央部に位置する大きなノブと上部に位置するスイッチ3つのみがこのアンプの操作系になっています。
機能はボリューム、インプットセレクト、スタンバイ、ミュート、そしてラインごとにゲインを調節する機構まで、比較的新しいDAC内蔵の機器でこのシンプルな操作系は好みの分かれる部分でもありそうですね~

この接続での音はややクールな印象、
デジタルアンプということで、音の一つ一つは正確なものですが、余韻はゆったりしており聞きやすい印象です。
接続しているケーブル類こそシンプルですが送り出しはCD12、管理人の中では年代で結構音の違う製品というイメージがありますが、これは割と後期の製品でしょうか。
奥行きの出方などはコチラの比率が高い気もしますが、差し引きして考えればアンプそのものは艶やかな音場型というカテゴリになりそうな気がします。
基礎性能の高さは十分に感じ取ることが出来ました。


IMG_6426.jpg


筐体裏側はこんな感じ、
アナログ入力はRCAのみ、管理人には関係ないのですがこのアンプはフォノアンプを内蔵しています。
デジタル系はRCA、TOS、USBの組み合わせ、バランス入力がないのは管理人的に残念ですが必要十分と言えなくもないと思います。
スピーカー端子は一系統でオリジナルの端子のようでした。

当日はほかの用事もありましたので、試聴としては割とさらっと流してみました。

この価格帯のプリメインアンプをきちんと聞いたことなど当然ありませんし、

そもそも比較対象があまりない気もします(笑)

一聴してハイエンドとわかる音が出ているのは間違いありませんし、個性的と言えそうな外観、サイズ感、色々な意味で特別な価値を持つ製品であることは間違いなさそうです。

現在でこそセパレートアンプを使用している当ブログ管理人ですが、オーディオ趣味を始めたころはシンプルなシステムで完結したい気持ちが強かったため、なかなか魅力的な製品だと思えました。

コレ、自宅で鳴らしたらどんな音がするんでしょうね~
そんなことを考えつつ、本日はここまで。





Comments 7

しっぽ  
超ハイエンド

一応、価格を調べてみました~さすが銀座のお店、敷居が高そうです。
奥の方には凄そうなスピーカーも・・・ノーチラスが可愛く見える(笑)

超ハイエンドと言っても弩級サイズの物とは対極に位置する製品ですね。
セレブな人達にとっては「ポタアン」使いなのかも(汗)

2018/02/13 (Tue) 20:56 | EDIT | REPLY |   
大聖  
んっ?

大聖です。
サウンドクリエイトですか・・・。あそこの販売主力製品ってLINNのDSがメインですよね??
ということは・・・??

2018/02/14 (Wed) 11:33 | EDIT | REPLY |   
そうてん  

しっぽさん

サブ使いの人もいるかもしれませんがお店の方の話では大規模なシステムを縮小する形でこの製品を選ぶ方が多いとのことでした。

確かに好みが合えばシステムはぐっとコンパクトになるんですけどね~

2018/02/16 (Fri) 14:28 | EDIT | REPLY |   
そうてん  

大聖さん

サウンドクリエイトがリンショップとしての始まりだったのを知ったのは少し前でした。
流石にDSなら関西にも展示しているお店やリンショップありますので、あくまで今回はセール品あさりおよび、U-300の音確認、ついでにラックの質問が目的でした

昔、倉敷にあったリンショップの店長が凄腕だったので、いずれはお世話になりたかったのですけど、予算に余裕ができる前に無くなってしまったんですよ(涙)

2018/02/16 (Fri) 15:20 | EDIT | REPLY |   
大聖  

大聖です。

そうてんさん

いやはや、早とちりでしたね。おはずかしい。
にしてもラックの質問・・・ですか??
自分もラックというか制震関係を根本的に何とかしたい状況なので、
私、気になります!

まぁそれはさておき、サウンドクリエイトって輸入家具なんかも取り扱っていて、(とくに椅子)
そのあたりも面白いんですよね。
まぁ、銀座で輸入家具をみるなら大塚家具に行った方が面白いのですけれども。


しっぽさん

ハイエンダーな方々のHPなどを拝見すると、ウチのメインピーカーであるガルネリメメントをマルチチャンネルスピーカーとして7つ使って、フロントにストラディヴァリ・オマージュを並べられている強者なども拝見されます。そんな方々をみていると自分が小さく見えてしまいがちですが、自分たちも普通の人から見れば十分常軌を逸してるので、その辺りを自覚すると何となく冷静になれますよ??

2018/02/16 (Fri) 16:27 | EDIT | REPLY |   
そうてん  

大聖さん

あそこのお店はオリジナルのラックとかクアドラのポールを使ったワンオフとかも作っているので興味があったんですよ。
現物は見れなかったのが残念でしたが(苦笑)

2018/02/18 (Sun) 11:07 | EDIT | REPLY |   
しっぽ  

そうてんさん

ハイエンダーからオーバーロードと進んだその先ということなんですね。
到底、辿り着ける世界ではありませんが、少しわかる気がします。

ところで、気になる製品は後々後悔しないためにも試聴しておくべきなんでしょうね。
私も頑張って遠征してみようかなぁ。

大聖さん

S-1を買ったとき友人にSPの価格を尋ねられて、1万ドルちょい(アメリカ製なので)と言ったら思いっきり引かれたことがあります。
軽自動車なみの値段ですが、SPの価格としては尋常ではなかったようです。
その友人は、お高いドイツ車に乗ってるんですけどね。

ガルネリメメント~見ているだけで楽しくなるようなエレガントなSP、ため息が出ちゃいます。
まぁ、うちの子も「音」では負けてませんが~ということにしておきます(笑)

2018/02/19 (Mon) 22:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
そうてん77が趣味と生活についてたらたらと書き募るブログです。
About me
楽しみのためになら努力はいといません。
ただ全力で脇道にそれます、迷子になるのも楽しいです。

そんな趣味のひとの備忘録です

当ブログはリンクフリーですので
ご希望の方はご自由にリンクください