FC2ブログ

そうてんの趣味日和

Welcome to my blog

TAD-ZZ021 WN

ケーブル類は浮かせるだけでも効果があるので、余っているインシュレーターなどでも代用はできるのですが

やはり専用品にはその価値がありますね(喜)


IMG_6619.jpg




アンプやプレーヤーの更新を考えているのにコレはっという品が出てこないストレスが蓄積している当ブログ管理人、

結果として最近ぱらぱらとアクセサリー類に散財しています(苦笑)

今回の品は先日、岡山に行った際、“AUDIO101”さんに寄った時に発注、モノは2日で届きました。

そんな訳で本日のブツは

TAD-ZZ021-WN

日本のハイエンドオーディオメーカーTADが出しているケーブルインシュレーターになります。

当ブログ管理人がセッティングの基本として考えているのは、左右差も含めた物理的な安定性とストレスの回避です。

ケーブル類を極力床から浮かすという考え方はオーディオの世界ではかなり昔から存在しており、管理人の考える基本とも合致していますので管理人宅においても取り入れられています。
経験上、浮かせてやることはそれだけでも意味をもち、洗濯ばさみや紙コップなどで浮かせて床から離し、ケーブル同士の接触を避けるだけでも相応の音質改善効果が見られます。
当然のようにオーディオ用のインシュレーターなどを利用してやればより高い効果が見られる場合もあり、“ケーブルインシュレーター”というカテゴリーの製品も世の中には多く存在します。

当ブログ管理人宅にある専用品といえば、サンシャインのMSC-1(参考記事)、アコリバのRCH-3Hの二種類ですが、これらはケーブルの受け面というか当たる部位が平面で、素材や内部構造などの差はありますが、設置を物理的に見てみれば通常のインシュレーターと比べて大きな違いはなく、管理人宅においては普通のインシュレーターで代用している部分も多くあります。

ただ、ケーブルは場所によっては平面で受けようとしてもあまり意味がない場所もあり、切込みが入れてあり、物理的にケーブルが安定しそうな構造のケーブルインシュレーターには興味がありました。

世の中を見回してみればカルダスやエアーのシンプルなものから始まり、色々あるのですが、

物理的な安定性

を考えたとき、シンプルで副作用が少なそうなうえに、明らかに一段物量が大きいTADの製品がよさそうと思っており、AUDIO101に行ったのを良いタイミングととらえ発注に至りました。

トップの画像は製品外箱、中身は


IMG_6620.jpg

IMG_6621.jpg


素材はフィンランドバーチの積層合板で二か所の切込みが入っている面と一か所の切込みが入った面があり、設置状況によって使い分けられるようになっています。
塗装の仕上げもよく、重量感、安定性もあり、モノとしてはなかなか良い印象でした。


IMG_6629.jpg


そんな訳で設置先はココ、
スピーカーケーブルは現在Ge3の雲泥2をケーブルインシュレーターとして二か所使用しているのですが、スピーカーに向けて登っていく直前の位置については雲泥2のみならず、受け面が平面タイプのインシュレーターだとうまく荷重がかけにくい状態でした。

ただ、この部分でしっかり荷重を支えることが出来ればスピーカーの端子部分にかかる重量ストレスもへりますし、設置の上で大きな意味があります。
まず左右ひとつずつ、この場所のケーブルインシュレーターをZZ021に変更し、音を確認してみました。

うん、よく効いた(喜)

想定していた結果が想像以上に出るのはとても嬉しいですね~
一聴してわかる解像度の上昇もそうですが、スピーカーの動きに余裕が出たようで音のスケールも上がりました。

調子に乗って、もう一つの雲泥2もZZ021に置き換えてみたのですが、そこはほぼ床に水平にケーブルが走っている場所で、雲泥2でも安定設置が見られているためかこちらはそれほど大きな差は感じませんでした。

やはりケーブルインシュレーター関係については安定設置というか適材適所というか、浮かせることを基本として、物理的なストレスがかかりやすい部位をしっかり支えることで最大の効果が得られる気がします。
この手の品は全体の管理をきちんとすると大きな効果を発揮しますので、必要な場所を必要な程度支えられるよう、色々揃えておくのが良いかと思います。

そういう意味で見るとZZ021は質量と構造の安定性が高く、使いやすい。
木のブロックとしてみれば高いように見えるかもしれませんが、造りを見てみれば十二分に納得のいく品です。
壊れたりするようなものではありませんので、セッティングの助けにワンセット購入してみるのはいかがでしょうか。

勢いで購入した割には大きな効果が出たことに満足を表明しつつ、
本日はここまで。





Comments 8

しっぽ  
代用品

これは実際に見たことあります。
ずっしりとした重量感が好印象でした。
当時はあり得ない価格だなぁ~と思ってましたが、最近は少し納得できるようになりました。
量産品ではないし、素材・加工・塗装に一定の品質を求めると高くなりますね。

ケーブルインシュレーター~以前は必要なかったのですが太くて重いケーブルを使い始めてからは・・・(汗)
取りあえず東急ハンズ木材コレクションで対応していましたが、少しばかり音の濁りが付加されるのが分かるようになってきました。
ということで、ちょっとだけ良いものを注文しました~やっぱり代用品ですが(笑)
「千切り・ちぎり」ってわかります?
無垢材の割れ補修に使う「蝶ネクタイ型」の木片です。
先日のコンセントベースを発注する序に、一緒に手配してみました。
これでマイナス要素が目立たない程度に抑えられるとよいのですが。

DIY用の木材は同じ木の中でも良い部位が使われてるとは限らないし、乾燥も不十分でしょう。
楽器用の木材は何十年も自然乾燥させると聞いたことがあります。
これが濁りや雑味といった音質の差に現れるのかと思っています。

それにしても雲泥2からの乗せ換えとは、何ともハイレベルな~私の「ハンズ」→「千切り」とは、それこそ雲泥の差ですね(爆)

2018/03/10 (Sat) 19:54 | EDIT | REPLY |   
大聖  
No title

大聖です。

ケーブルインシュレーターですか。
自分も最近ケーブルの設置状態による音質への変化というものにやっと意識を向け始めました・・・が、
マルチチャンネル系の配線がエライことになっているので、見て見ぬふりをしました。
全部にケーブルインシュレータ―なんか無理です。
むしろやけになってケーブル全部に地球独楽を張り付けてやろうかしらん??
それはまぁ、置いておくとして、
ピュアオーディオをやる人(お財布にゆとりがある人は別??)は、マルチチャンネルオーディオに
手を染めるものではありませんね。
i.Link一本でやっていたころが懐かしい。かといって、剛性に難のあるHDMIはオーディオにはあまり使いたくない
ですし。

そうそう、先日書かせていただいたオシロスコープの測定結果ですが、あまりにも悪すぎたので愕然としました。
綺麗な波形なんてとんでもないです。折れ線グラフかと思える波形がいくつもありましたから。
電柱のトランスがヤバいのか、もしくは測り方が悪いのかなぁ??サイトを見ながら測ったのだけれども。
と思いつつ、これではデジタル系のオーディオ(とくにLINN)は絶対に悪影響が出ているはずと思い、組み立てキット式のアイソレーショントランスを配線を銀単線2.0mmに切り替えたものを導入してみました。
するとダイナミックオーディオで聞いたLINNのKLIMAXの音が出てきました。
ということは、やっぱり電源がダメダメってこと??
となると・・・アンプにもごっついアイソレーショントランス入れようかなぁ・・・。
オーディオ感が変わるとか言われているファインメットコアの400VA当たりとか面白そうだし・・・。
でも値段がなぁ・・・。

2018/03/12 (Mon) 14:33 | EDIT | REPLY |   
そうてん  

しっぽさん

管理人宅でもハンズの木切れは普通に使用されていたりします(笑)

このジャンルの製品、構造なども重要なのでしょうが、高さと安定設置が可能な形状であることが最優先だと思いますので、ケーブルのストレスを減らすように設置できるならモノは割と気にしなくていいのかもしれません。

今回の品の最大のメリットは質量と高さ、そして構造です。
特に、質量と高さについては市販品で同程度の製品は少なく、メインターゲットだった部位に想像以上にうまく収まって有難かったですね~

アレ、千切りっていうんですね!
イメージは湧きますが名前は知りませんでした。

ケーブルが床面を這う形になっているのなら高さはいらないでしょうし、良いアイディアだと思いますよ~

2018/03/12 (Mon) 16:35 | EDIT | REPLY |   
そうてん  

大聖さん

電源問題はオーディオ趣味の永遠の敵になりそうですよね~
少し前に導入したIFIオーディオの電源フィルター、管理人宅では本体が高い音域でノイズを出すことに気が付いて使えなくなってしまいました、、、

おそらく春になってコタツ撤去くらいの時期になれば大丈夫になるのでしょうが、、、、、、

マルチチャンネルとかシアターですとケーブルの本数がけた違いになるでしょうからケーブルインシュレーターでまとめて対策するのも難しいでしょうね~
SPケーブルとか、電源ケーブルの一部対策だけでも意外に効果がありますので、一点突破型の対応を検討されてみるのはいかがでしょう?

2018/03/12 (Mon) 16:40 | EDIT | REPLY |   
大聖  
う~ん

大聖です。

先日から進めていた極秘作戦についての結果報告ですが・・・。
結果的に想定内に収まる結果になってしまいました。
割とガチなものの導入だったので、ちょっとショックでした。

なぜそうなったかは、何となくわかります。
おそらく原因は電源。
これに尽きると思います。

で、何がどうとは、現時点ではまだお話できません。
商品というよりもおそらく自分の使いこなしが悪いせいだと思うので。
とりあえず、もう少し納得が出来るようになったらお知らせいたします。

あっ、SECRETにチェックを入れれば『そうてんさん』だけにはお話できるのかな??

2018/03/19 (Mon) 15:41 | EDIT | REPLY |   
そうてん  

大聖さん

はい、SECRETは管理人のみ公開という機能ですので、管理人だけが見ることになります。
ただ、こちらからの反応はオープンにせざるを得ないため、意味不明な管理人のコメントが公開されることにはなるのですが(苦笑)

ご一考ください。

2018/03/20 (Tue) 14:43 | EDIT | REPLY |   
しっぽ  
千切り

試してみました。
10個使って、ラインケーブル2本・電源ケーブル3本を浮かせてみました。
現在は音質安定化期間中ですが、そんなに変わらないだろうし~
で、困りました。
こんなに変わりか!?

初めてケーブルを木材で床から浮かしたのは一年ほど前のことです。
そのときは~
少し音がすっきりしたくらいで、暫くすると何となく音が淋しい気がして一週間ほどで外してしまいました。
昨年末にSPケーブルを太いものにしたときも持ち上げてやることで音質改善されましたが、ケーブルを短くしたので使わなくなりました。

そんな経験しかなかったので、この変化はビックリでした。
今回使った「千切り」が良かったのもあるでしょうが、これまでやってきた音質改善の蓄積で変化を体感しやすくなったのだと思います。
ともかくタップの導入時から気になっていた音の抜け(少し詰まった感じ~エージング不足が原因と考えていた)が改善されてよかったです。
これで四月には壁コンセント工事が出来そうです。

使用千切り仕様~幅・8㎝ 厚み・8㎜ 花梨材 単価200円弱
ケッチて薄い物にしましたが問題なく使えました~ちょっと試してみるのに良いアイテムかもしれません。
それにしてもケーブルが全て平面配置(平置きなので)になっていてインシュレーターを入れやすかったですし、縦方向のストレスがまったくと言っていいほどなくなりました。
こういうところも効果を大きくしてくれてそうです。

2018/03/26 (Mon) 16:47 | EDIT | REPLY |   
そうてん  

しっぽさん

ケーブルを浮かせる対策は全体に行ったときその真価を発揮するように思います。
ラックではなく平面置きのしっぽさん宅なら管理人宅より大きな効果が出るだろうと予想していましたが、凄い結果が出たようで何よりです!

浮かせることそのものも大切だと思うのですが、ケーブルの物理的なストレス回避に視点をおいて取り回し、インシュレーター設置を行うとまた一段とイイ感じになりますよ~

2018/03/27 (Tue) 13:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
そうてん77が趣味と生活についてたらたらと書き募るブログです。
About me
楽しみのためになら努力はいといません。
ただ全力で脇道にそれます、迷子になるのも楽しいです。

そんな趣味のひとの備忘録です

当ブログはリンクフリーですので
ご希望の方はご自由にリンクください