そうてんの趣味日和

Welcome to my blog

SILIVN エアーウェッジ

Mt.T2さんの家でみて早速導入してみました。

コレ、かなり便利です(喜)


IMG_6669.jpg




そんな訳で先日、Mt.T2さんが使っているところを見て、コレは良さげと思ったものを早速発注しました。

トップの画像は包装状態、


IMG_6671.jpg


中身はこんな感じですね。

管理人が購入したものの商品名は

SILIVN エアーウエッジ ジャッキアップ エアーインフレーター 車ドアロック 解除 補助工具 高強度TPU製品 二個セット

となっていましたが、通販サイトを見ると類似品や同じものでも表記や価格がバラバラなので正式名称は不明(笑)、
用途としては家具などの持ち上げ、狭い場所に隙間を作るためなどに使うもののようです。

オーディオ用途への転用は以前から言われていたのですが、やはりリアルに使っているところを見ると必要性がわかりやすいですね~

参考までに大きさは


IMG_6672.jpg


このくらいでした。

使用方法は簡単で、空気を入れて膨らませ、空気を抜いてしぼませることで上がり下がりする、言ってしまえばそれだけのアイテムで、病院とかにある血圧計をイメージしていただければ使い方は同じです。

膨らませると


IMG_6673.jpg


こんな感じ、
だいたい6~7cmくらいの高さになるようでした。

さて、当初の使用予定はパワーアンプのインシュレーター交換だったのですが、そちらについてはMt.T2さん宅から帰宅後、本品の到着を待たずに

自力で決行しましたので(笑)

違う用途で実験です。

ターゲットはコチラ、


IMG_6676.jpg


昨年、管理人宅に新設されたオープンラック (参考記事) 高さも重量もあるコチラのラック、導入後割と早い段階で転倒防止のために“たおれんゾウ”という商品名の耐震板を挟み込もうと

試みました(汗)

ですが、初めから幅木よけが設計されているラックは設置段階でかなり壁にぴったりと設置されており、丸ごと持ち上げられるような重量ではすでになかったため、頑張って押し込んでも上の写真くらいの状況になっていました。

そんな訳でココでチャレンジ、


IMG_6675.jpg


、、、、、

えらい簡単に済んだな、、、

一個の使用では流石に上がりませんでしたが、たおれんゾウを押し込みたい付近に二つ入れればあっさりと奥まで入れられる余裕が出来ました。

一つの耐荷重が200kgとのことなので、数ミリのスペースがあればコレで押し広げることは可能な様子。
実際この後、パワーアンプを浮かせるのも余裕でした(汗)

サイズも小さく、値段も安く、土台などを使えば様々な用途に使えそうな製品だと思います。
耐久性に関しては樹脂製品相応でしょうが、室内管理する分には劣化もそんなに早くはないでしょう。

ラックの中に重量級のオーディオ機器を設置している人には是非、それ以外にも何か使い方を思いついた方は試しに2つ買ってみることをお勧めいたします。

パワーアンプのセッティング変更が比較的容易になったことを喜びつつ、
本日はここまで。




Comments 2

Mt.T2  
便利ですよね!

デモ?が役立って、ちょっぴり嬉しかったりします(^^;
オーディオの比較試聴を1人でやる時、機器の移動や無理な体勢を取った後は、頭に血が昇って、正確に前の音と比較できないんですよね・・・
このアイテムのお陰で、重量物を持ち上げなくてよくなったのと、持ち上げた状態が維持できるので、その間にインシュレーターなどの入替えも出来、聴く感覚的にも時間的にも比較試聴がやり易くなりました(^^;
そんなに専用ツールを使うって、どんだけとっ変えひっ変えやるねん!って突っ込まれそうですが・・・
お釣りが来るほどやってたりするので・・・(滝汗

2018/03/25 (Sun) 09:44 | EDIT | REPLY |   
そうてん  

Mt.T2さん

いや、コレ本当に便利です。
存在自体はPHILEWEBなどでみて知っていたのですが、やはり実際に使われているところを見ると説得力が違う(驚)
パワーアンプは当然ですが、重量がそれほどでもないプリアンプでも、浮かせた状況で留め置けるというのは大きな利点でした。

当日のMt.T2さんの作業の滑らかさを拝見するにどれほどこの作業を重ねてきたかは容易に想像がついたりしました(笑)

2018/03/26 (Mon) 16:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
そうてん77が趣味と生活についてたらたらと書き募るブログです。
About me
楽しみのためになら努力はいといません。
ただ全力で脇道にそれます、迷子になるのも楽しいです。

そんな趣味のひとの備忘録です

当ブログはリンクフリーですので
ご希望の方はご自由にリンクください