そうてんの趣味日和

Welcome to my blog

ソウルゲッター ~放課後冒険RPG~ その3

とりあえず当ブログといたしましては、

古式ゆかしいツンデレお姫様を応援したいと思います(笑)


IMG_6835.jpg




そんな訳で無事GW中にクリアできました。

トップの画像は推しのお姫様による管理人一押しのヒトコト、
海中に沈んだアイテムを探しに冬の海に飛び込んだ(二回目)お付きの方に対する、

愛と心配に満ちたセリフです(笑)

お姫様とお付きの二人が旅を始めた理由は、その昔エゼルという名の英雄によって封じられた“やみおう”の封印が解けかけており、それを再度封印、ないしは倒すためにエゼルが作ったとされる封印の魔法を探していたというものでした。


IMG_6836.jpg



主人公が放課後RPGしていることはお父さんだけが知って黙認していたのですが、お城を魔王の部下から救うに至り、放課後だけではにっちもさっちも行かなくなった結果、お母さんにばれてしまい

惨事が発生してしまいました(泣)

ちなみに、黙っていたお父さんもお母さんに連行され制裁を受けていたようですが、効果音はお父さんのほうが痛そうな様子でした。


IMG_6913.jpg


その後、エゼルが残したとされる魔王の力を弱める魔法を探したのち、最終決戦の舞台となる北の塔に向かいました。


IMG_6915.jpg


解けかけた封印を前に、やみおうの力を弱める魔法を使いますが、


IMG_6917.jpg


やはり魔王は復活してしまい、ラストバトルに突入しました。

全体的に難易度が優しいこのゲームですが、流石に魔王はそこそこ強く、このゲームで唯一の1ターン二回攻撃を駆使してきましたが、


IMG_6857.jpg


最終ダンジョン直前のステータスがこれくらいだったので、運も味方して初見で攻略することが出来ました。


IMG_6924.jpg


ボス打倒後はそのままエンディング、
民に喝采を受けるお姫様の図もあったのですが、

アニメーションで見切れたので掲載しません(笑)

そんな訳でつつがなくクリアすることが出来ました。

エンディングはスタッフロール後メーカーロゴの画面でフリーズするため、クリア後に追加要素はないようでした。

さて、全体の感想ですが、

やはり造りは良いですね。

サクサクと進む戦闘もそうですが、戦闘画面でのエフェクトやアニメーションもかなり作りこまれており、ストーリー上でのアニメーション画像も考えるとこの辺りには相当力を込めて作られている気がします。
その結果、ゲームそのものの短さや明らかに作ろうと思って作られなかった設備やアイテムなどが存在するのはパソコンゲームで名を成したマイクロキャビンらしさと言えるのかもしれません。


IMG_6858.jpg


死亡時のヘルプやストーリー中でも登場する怪盗ヤーモさんですが、最終的に彼の正体もはっきりしていませんし、何だか国の王様と知り合いで彼の息子というだけで王様が主人公の能力に納得してしまう、彼のお父さんの正体もはっきりとは語られなかった気がしますね。

ペンダントとソウルで魔法を作るという、今作一番のシステムですが、ステータスの影響をわかりやすくした結果、魔法がきく敵には徹底的に効くけどそうでない敵には物理攻撃に遠く及ばないという形になってしまいました。

ある意味でその恩恵を最も大きく受けているのが主人公で、ラスボスの二回攻撃において、

最大の脅威は通常攻撃二回連続で魔法攻撃はサービス攻撃という感じ

とはいえ、魔法攻撃が効く敵には物理攻撃があまり意味をなさないことが多かったですし、物理一辺倒にならないバランスは決して悪くなかったと思います。

そんな訳で最終的な感想ですが、部分部分で粗さもありますがしっかりとまとまった佳作だと思います。
ストーリーが好きになれた人にとっては名作と思える作品かもしれませんね。

しかし、久しぶりに古いRPGに手を出しましたが

楽しかったです(喜)

なにかまだプレイしていないFCのRPGにでも手を出してみましょうかね~
そんなことを考えつつ、本日はここまで。




Comments 0

Leave a reply

About this site
そうてん77が趣味と生活についてたらたらと書き募るブログです。
About me
楽しみのためになら努力はいといません。
ただ全力で脇道にそれます、迷子になるのも楽しいです。

そんな趣味のひとの備忘録です

当ブログはリンクフリーですので
ご希望の方はご自由にリンクください